sexy body of woman in red underwear

奥さんを抱こう

big boobs girl

遊べる女の子を今すぐゲットしたいなら熊本のデリヘルを使ってみて欲しいです。エロエロな女の子ばかりがお待ちかねですよ。

夜の時間を有意義に過ごすにはデリヘルの高級店を選ぶといいでしょうね。スタッフの選考基準が高いので、値段は高くてもそれ以上の満足がえられますよ。

小見出しがすでにちょっとヤバい感じがしますけど、今回のテーマは「奥さんを抱く」ということ。
「勝手に家庭円満やっとけよ」と思うかもしれませんけど、何も僕は自分の奥さんを抱こうというんじゃないんです。
というか、僕、独身ですし。花の20代の独身オトコですし。寂しくなんかないんですし……。

僕が抱こうとしているのは、他人の奥さん……そう、いわゆる『人妻』と呼ばれるひとたちのことです。
人妻の皆さんを、今回僕はメロメロにして楽しんじゃおう……と、こういうふうに思っているんです。

人妻を抱くには、やはり風俗に限ります。風俗で働く他人の妻……たまらなくソソるじゃないですか。しかもそれが、僕の部屋に呼ぶデリヘルだったりしたら。
生活感あふれる部屋に呼ばれたデリヘル嬢の人妻。風俗にどっぷりハマりこんだプロフェッショナルというよりも、外見は年輪を重ねつつありながらもウブなところも残している……そういう感じがあると垂涎モノですよね。
風俗で遊ぶと、たまにとんでもなく素晴らしい体験をしたりすることがありますが、この人妻デリヘルというのは僕にとって、予感的に感じさせますよ、素晴らしい体験というものを……ビンビンに。
というわけで、次回から早速、人妻デリヘルを呼んでみることにしましょう。

女の子と遊びたいと思ったときにはすすきののデリヘルを使うといいです。最高レベルの女の子がお相手をしてくれることでしょう。

美人の子とエッチなことがしたい方は高崎のデリヘルを使ってみてください。間違いなくすばらしい体験ができるはずですから。

大人の出会いを楽しみたい男性の方には狭山のデリヘルは最適です。これはと思えるような最高の女性があなたの相手をしてくれますよ。

ドアベルが鳴る

long-legged girl

ピンポンが鳴る頃、僕はたいてい「あっ、そういえばここを掃除しとくんだった!」と思いついたあたりなんですよね、いっつもそうなんです。
デリヘル嬢が来るか来ないかというときに、「あそこもやっとくべきだった……」ということを思うわけです。ヘンな癖になってますよね、ほんとに。

今回人妻さんを呼んだときもそうだったんです。靴箱の下のところをちゃんと掃除しとくべきだったな……と。
細かすぎる?しょうがないじゃありませんか、僕だって緊張するんですよ。これから他人の奥さんとホニャララするんですから。
と、そういうこうしているうちに二度目のチャイム。僕はドアを開けて彼女を迎えます。
「チェンジ……じゃない!これはイケる範囲だ」この計算を脳裏の中で一瞬で行い、「ほんとうにイイんだな?」とダメ押し。そして、「イイんだ」と心の声が答えるのを聞いて、僕はにっこり微笑む。
この間1秒もないんだぜ。「ようこそ」

迎え入れた部屋の中で、人妻さんはまずはお店への電話をする。僕たちは時間と値段を決め、お金を支払うことになる。
諸手続きが終わったら、いよいよプレイ開始だ!

プレイの一部始終

girl lying in bed

ふぅ……はげしい戦いのようなプレイだった。何しろ、奥さんスンゴクみだれるんだもの……。
という話は、まあ置いといてですね、ここでは人妻デリヘルで可能であるプレイについて、解説していくことにしましょう。初めて風俗へ行くことを考えているチェリーボーイだって、きっといると思うからね。

もちろん、本能の赴くままにハダカで向き合って、くんずほぐれつでヤッてってもイイんですけど、僕のオススメは彼女たちのご奉仕プレイですよ。
もちろん向き不向きがあるけれど、特にご奉仕プレイに関しては若い子よりも圧倒的に上手いと感じますね、人妻のほうが。
舌の先をとがらせて、また柔らかくして、交互に異なった刺激を与えながら乳首をはじめとした全身をせめてくる「全身リップ」や、顔を僕のお腹の下に……ああ、この先は思い出すだけでも元気を取り戻しちゃう!

他人の奥さんにくわえさせてるということで、気も大きくなった僕は思わず条件反射的に奥さんの頭を掴んじゃったけれど、イイ人でよかったよ、僕がナニを求めてるかを一瞬で悟って、もっとガンバってくれたんですよ。
そう、「プレイの一部始終」なんて、とてもじゃないけど生々しくって書けない。ただ、諸君に言いたいのは、あくまでも「楽しく優しく柔らかく」それでいこう、ということです。

熟れきったカラダ

sexy girl

人妻とは何か?ヒトヅマというその言葉の響きは、なにゆえ僕の耳の底にネットリと絡みつくのか?
たまらなく淫猥な感じがするのは、なぜなのか?

もちろん、他人のある意味では所有物というか、「他」に属している人を、その所属しているところから引き離して、一定時間だけといえども自分の側に属させるという、倒錯した喜びがあるのはたしかでしょう。
つまり、誰かの妻であり母であるかもしれない女性を、そんな家庭から引き離して、僕の性の欲望をぶつける相手として利用しようというのですから。
このシチュエーション自体がたまらなく萌えです。

あとは、個人的には彼女たちのカラダの美しさに期待することもあるでしょう。ピチピチの若いカラダだって、それはイイ。まだ男性経験の浅いついこないだまで少女だった女性の美しさやみだらさも、僕は充分にみとめる。
しかし、やはり人妻と呼ばれる女性の色気には叶わないなと思う。彼女たちは少なくとも結婚前後からずうっと、旦那さんによって仕込まれてきた、アマチュアとはいえスペシャリストなのだから。
その熟れたカラダと色気、そしてテクニックがあれば、天下を取れるんですよ、正直な話。だから、僕は風俗ではデリヘルにかぎらずいつでも人妻をチョイスします。